審美歯科

オールセラミック

最も天然の歯に近い仕上がり
歯すべてを「白い」材料で治療したいというニーズに応える
それが「オールセラミック」です。

天然の歯と比べても見た目にほとんど違和感がないほど審美性が高い仕上がりになるのが特徴です。当医院のオールセラミックは、硬くて割れにくいのが特徴です。

オールセラミック写真

セラミックの種類

ジルコニアセラミック

はジルコニア(人工ダイアモンド)という金属と同等の強度がある素材の被せ物に、セラミックを焼きつけた物で、強度があり、また金属を使用していないので、金属アレルギーが起こることがありません。見た目にも美しい色調を持つ歯です。

e.max(セラミック)

e.max(セラミック)は、天然歯に近い色調で見た目が良く、セラミックだけで作られているため金属アレルギー等が起こりません。

ハイブリッドセラミック

ハイブリッドセラミックは、セラミックとレジン(歯科用プラスチック)を混合させた素材で、セラミックよりは柔らかく、周囲の歯にダメージを与えにくい素材です。 長期使用にて多少の変色がみられます。

セラミックは保険で治療することができますか?

残念ながらセラミックは保険で治療することはでは出来ません。保険診療では「機能の改善」を目的としているため、見た目の美しさを求めることはできず、セラミックの材料ではないプラスチック(レジン)や銀歯を使います。 「審美性」を求めご自身の歯に近い自然な色・透明感・ツヤのある歯を作ることが目的でしたらセラミックという選択肢になるかと思います。

見た目的にまっすぐ並んだ綺麗な歯にしたいですがデメリットはありますか?

セラミックで審美治療するということは、審美的な問題を短期間で解消できるメリットもあります。ですが歯を大きく削るためリスクも伴います。歯を大きく削ってしまうと、後々、再治療が必要になった時に削る量がさらに増えてしまい治療が大変になることが挙げられます。見た目だけが重視されがちですが、審美歯科治療も歯科治療の一つだとの考えを持っていただき歯自体を長持ちさせることも重要です。オールセラミックを検討している方は、歯を削る前に当院に相談にお越しください。歯に優しく長持ちする治療を提案いたします。

セラミックにした場合、その歯はどのくらい持ちますか?

メンテナンスや普段の生活次第で持ちがかわります。目安としてですが素材としての耐久年数は材質によって2年から10年ほどと差異がありますので確実に何年もつというのは申し上げにくいです。長く持たせたい場合、emaxやジルコニアといった素材が比較的長持ちするかと思います。

診療科目:一般歯科・口腔外科・小児歯科・予防歯科・インプラント・ハードレーザー治療・審美歯科(ホワイトニング・矯正)

藤田歯科医院

〒107-0062 東京都港区南青山5-8-9 青山ビル3F地下鉄「表参道駅」徒歩2分
TEL 03(3797)0066