マウスピース矯正とは

ストレートライン

マウスピースの歴史

マウスピースの歴史は「ツースポジショナー」という考え方から来ています。
これは並べたい歯列を歯牙を模型に順番にセットアップし、それに合わせた型を装着して移動させるというものであり今のマウスピースの考え方そのものとなっています。

マウスピース矯正のメカニズム

咬み合わせが最適なものとなるようにツースポジショナーの考え方を基本にマウスピースで移動したい歯を外圧をかけて少しずつ移動していくというのがこの矯正のメカニズムとなります。

マウスピース矯正の特性

マウスピース矯正の特徴は、歯の一部分だけでなく、歯列全体を加圧して動かすので全体的に歯列が移動していくこと、または一部分だけ矯正をかけるというようなコントロールが容易なことです。
他に、他の矯正方法と比べて痛みが出にくいこと、ブラケット&ワイヤー矯正などと比較して見た目上の審美性が高いことが特徴です。

マウスピース矯正の問題点

マウスピース矯正の特性上、歯とマウスピースの摩擦などによって生じる加圧などを利用して移動をするため、
歯が円錐歯(根元が太く先端に行くほどに尖っている歯やその逆もしかり)ほど、
外圧が移動させたい方向に働かず力が逃げてしまう部分が問題点として挙げられます。
その場合、マウスピースの形や厚さを工夫する必要があります。

ストレートラインによるマウスピース矯正治療

1997年販売が開始された「インビザライン」というものがマウスピース矯正として米国の歯医者さんに取り入られていました。 当初は画期的な仕組みでしたが当時のマウスピース矯正は今では利用されなくなってきています。 その後、いくつか同様の装置が開発され矯正治療の分野での利用が進んでいます。 現状の流れでは今後の矯正はこのマウスピース矯正に代わっていっています。
当院で扱うストレートライン矯正治療システムでは「マウスピース矯正」をより取り扱いやすくしたものです。



ストレートライン

マウスピースの基本的な形状

矯正治療で使われるマウスピースは、透明の堅いプラスチック(顎関節症の治療で利用される)マウスケースと同じものです。(医療用具としての承認をとっています。)
装着した当初はマウスピースがきつく脱着が難しいかもしれません。
女性の方は爪が長い方が多いので爪を割らないように注意が必要です。

治療前のプロセス

実際の矯正治療では以下のようなプロセスとなります。

  • @カウンセリング
  • A検査(必要に応じて治療)
  • Bマウスピース作成
  • C矯正開始

治療期間のイメージと装着期間

マウスピース矯正を検討されている患者さんの多くは以下の4つのケースでおこる不正歯列に悩まされて相談に来られる方が多いです。

  • @上顎歯前突(出っ歯) 
  • A反対咬合(うけ口といわれるように、下の前歯が上の前歯より前方にでている状態)
  • B開咬(口が開き気味であること)
  • C叢生(歯の状態が重なり合って生えていること)

実際の治療を行う際の治療期間に関してですが、治療内容や歯列の状態によって6か月から2年、3年と患者様によって様々です。
何よりマウスピース矯正は患者様が装着される時間によって矯正時間が左右されますので早めに治療を進めたい方はなるべく長時間の装着をおすすめ致します。

ストレートライン

処置とメンテナンスについて

マウスピース矯正では適正な咬み合わせになるよう咬み合わせを測定できる機械にてシュミレーションを行い、理想の形になるように少しづつ調整したマウスピースを作成していきます。
マウスピースの装着を継続することで、徐々に歯列が移動して理想の咬み合わせの形になっていきます。
人間の身体は、最終的に細胞の完全な死に至るまで変化を続けます。口腔内や歯牙に関してもまた同様で変化を続けていったり摩耗したりします。
ですので、最終的な理想形のマウスピースができるくらいになり、矯正が一通り終わった後に関してもメンテナンスと予防が必要になってきます。
最終的にお渡しするマウスピースを、定期的に、例えば1週間に1度は夜間に装着し、また定期的な検診を受けていただくことをお勧め致します。

マウスピース矯正治療の応用

マウスピース矯正は矯正単体で行われること以外にもアンチエイジング目的や抜歯したことによって歯列の並びが変わることからそれに伴う矯正など症例に合わせて併用して行うことも多くあります。

アンチエイジング治療

マウスピース矯正を利用することにより、顎周りのバランスをとったり、歯周病治療と併用して顔周りの表情筋や顔付きを「美しく」見える変えていくことも可能です。

抜歯などにおける後戻り予防

例えば、抜歯した後にその隙間を埋めるような治療をする場合など、マウスピース矯正を利用することがあります。継続的な着用をし外的な力を加え続けることで、歯列の後戻りの予防などに役立ちます。

軟組織の審美性

軟組織、簡単に言うと「見た目」です。マウスピース矯正を行うことで表情筋や骨格といった顔つきを「美しく」することが可能です。

診療科目:一般歯科・小児歯科・予防歯科・インプラント・ハードレーザー治療・審美歯科(ホワイトニング・矯正)

藤田歯科医院

〒107-0062 東京都港区南青山5-8-9 青山ビル3F地下鉄「表参道駅」徒歩2分
TEL 03(3797)0066